• facebook
  • twitter
  • 友だち追加数

金沢の寿司|寿司さ々木

日本海の旬の幸を丁寧に仕込み食材の旨味を繊細な技で引き出す金沢の寿司処。眼下に情緒ある犀川大橋、夜景を眺めながら食事する贅沢。JR金沢駅からタクシーで約10分。

お気軽にお問い合わせください(日本語のみ)
 076-220-7154

営業時間

▼Translate:自動翻訳のため正確な翻訳ではありません
【昼】11:30~13:30(LO)【夜】17:30~22:00(LO)
【定休日】不定休/金沢市野町1丁目1−1 犀川大橋詰蛤坂

人気高級魚「のどぐろ」の魅力

当店でも好評いただいております「のどぐろの蒸し寿司」

のどぐろの蒸し寿司「のど黒」は、テニスの錦織圭選手も全米オープンテニス準優勝の会見で帰国後に「ノドグロを食べたい」とコメントしたほどの今、話題の魚です。最近では、北陸近海の有名な海産物「天然ぶり」「ズワイガニ」「甘エビ」に「のどぐろ」も加わるほど人気が高くなりました。金沢へお立ち寄りの際は、他では食べられない「のどぐろ」をぜひご堪能ください。

「のどぐろ」はどんな魚?

nodoguro「のどぐろ」の正式名称は「アカムツ」と言います。喉元が黒いことから「ノドグロ(喉黒)」と呼ばれるようになりました。最近は仕入価格も上昇し大きいもので1万円を超す場合もあります。

他県産のものとは脂の質が違い、しつこすぎることはないと言われている。(出典:石川県観光連盟)
上品な味わいで、焼いても煮ても美味。「白身のトロ」などと称されることもある。高級魚としてグルメ番組などでも採り上げられる傾向にあり、値段が値崩れすることは殆どない。 出典:アカムツ - Wikipedia
近年グルメ番組などで日本海の美味しい魚として紹介されることが多くなり、全国的な知名度も上がってきました。最近では都市部でも高級魚としての認知が高まってきたようで...東の横綱 きんき、西の横綱 のどぐろ といった感じでしょうか。出典:北陸発の人気魚種「のどぐろ」について改めてまとめてみました。 | 魚仕入れは金沢直送【居酒屋応援隊】ブログ

「のどぐろ」の特長

のどぐろ-02「脂っこい魚」の由来どおり、たっぷりと脂がのって白身魚でありながら、くせもなく上品な味わいが最大の魅力です。 刺身よし、煮てもよし、焼いてもよしとどれをとっても間違いのない美味しさです。眼は大きいですが、体にはこれといった特徴が無い赤色の魚です。

「のどぐろ」のおいしい食べ方

のどぐろ寿司さ々木自慢の「のどぐろ蒸し寿司」は、のどぐろの身とシャリを笹で包み蒸すことにより、より一層柔らかさを増した身に芳醇な香りと旨みをギュッととじこめました。一口噛めば甘い脂がほとばしります。

「のどぐろ」の感想

  • 塩焼きを食べましたが、脂がのっていてとっても美味しかった。(2016.2.24 R.A様)
  • うんま~い、のどぐろの蒸しすし!金沢で寿司!(2016.3.4 Shery様)
  • 金沢の一番の思い出。のどぐろがこれほど美味しいとは!(2016.4.6 tra122様)

「のどぐろ」関連メディア

「のどぐろ」まとめ

sasaki-menu-4800金沢ならではのこのお値段(コース料理は6,800円~)、東京でお寿司をいただくとお店によっては、2~3倍以上のお値段になるとかならないとか。北陸近海の恵まれた環境より、旬の食材を仕入、最高の状態でご提供する職人のこだわりをぜひ一度、ご堪能ください。北陸自慢の海の幸「白身のトロ」と称される「のどぐろ」をお召し上がりください。食べた人絶賛の「美味しさ」は間違いありません。

金沢の美味しいのどぐろ料理さ々木へ

Translate »